年代別のニキビケア

10代にできる思春期ニキビは、ホルモンの乱れによって皮脂が過剰に分泌されることによって起こるため、洗顔料をよく泡立てて包み込むように肌を摩擦することなく洗うことで効果が期待できます。最近では、自分で泡立てなくても泡状のまま出てくる洗顔料もあるため、手軽にケアできます。皮脂分泌が多い男性用商品が多く販売されています。20代になると、仕事の忙しさや人間関係のストレス、不規則な食生活など、それまで経験しなかった障害が多いため、ホルモンや自律神経のバランスがうまくとれないこともあります。普段使用しているコスメや洗顔料を刺激の少ないものに見直して、汚れを落としたあとに肌の乾燥を防ぐ保湿性の高いものを使用するといいでしょう。

30代以降になると、加齢によりターンオーバーが乱れがちになるため、新しい皮膚細胞が生まれ変わる際に剥がれ落ちる角質層がそのまま残ってしまうため、余計な皮脂を取り除きながら、肌の水分量を維持することができるよう、こまめなケアをする必要があります。肌のバリア機能の回復には、肌の水分保持、潤いが最も大切な条件となるので、肌質や年齢などを考慮して自分にピッタリ合ったスキンケアをするように心がけましょう。

ニキビの種類とできる時期

一口にニキビといっても、日頃のスキンケアで症状を緩和することができるものから、病院受診が必要となるものまでさまざまな状態のものがあります。誰もが経験することのある、敷く小さな吹き出物のような白ニキビ、毛穴に皮脂が溜まり肌の表面に押し出されて黒く変色した黒ニキビ、白ニキビが炎症してできるピンク色の盛り上がった形をした赤ニキビなどは、比較的症状が軽いものであるため、自宅でのスキンケアで症状を緩和することができます。一方、膿疱ニキビや結節、結節がさらに進行して膿が袋状に溜まり、ひどい炎症や痛みを伴う膿疱などは、安易につぶしたりすると傷跡がずっと残ってしまったり、雑菌が入ることで悪化したりするため、病院での治療が必要となります。

思春期にできるものがニキビ、大人になったら吹き出物と昔はよく言われていましたが、現在では、思春期ニキビと大人ニキビに区別されることがあります。思春期ニキビは、10代にできるもので、ホルモンバランスの乱れによって皮脂分泌が過剰となることから、ニキビの原因となるアクネ菌が増殖してできるものです。一方、大人ニキビは、飲酒や喫煙、ストレスや生活の乱れなどから、ターンオーバーが乱れて古い細胞の層が残ったまま肌の層が厚くなり、毛穴が詰まることによってできるものです。ニキビの種類や自分の肌のタイプを良く知って、適切なケアをすることが大切なこととなります。

肌のバリア機能の低下とニキビ

人間には、生まれつき肌のバリア機能が備えられています。肌表面のわずか0.02mmという角質層が常に潤いを蓄えていることにより、乾燥や外部刺激から肌を守ってくれる機能で、健やかな肌を維持するためには、このバリア機能が正常であることが大前提となります。バリア機能が低下すると、ニキビやシミなどの肌トラブルが起きやすくなるだけでなく、回復しにくくなってしまいます。敏感肌、乾燥肌のタイプの方はバリア機能が低下している状態であり、ある一定期間のなかで肌が生まれ変わりながら新しい角質層をつくるサイクルであるターンオーバーが乱れてしまいます。バリア機能を正常に維持するために、角質細胞のなかにある天然保湿因子は、その半分がアミノ酸で構成されています。天然保湿因子が角質層内で水分を含み保持することから肌の潤いが保たれていますが、バリア機能が低下すると、水分を保持することができなくなり、雑菌などが侵入してニキビができやすくなるのです。

肌の第2次のバリアと言われているのが、角質細胞同士をつなぐ細胞間脂質です。細胞間脂質には、セラミドやコレステロールなどの成分が含まれており、肌のなかの水分を留めて天然保湿因子を安定させる重要な役割を担っています。肌のバリア機能が低下してしまう原因には、ストレスやたばこ、紫外線や生活習慣のみだれなどさまざまな要因が考えられますが、直接的で最大の原因とされているものが乾燥です。つまり、バリア機能を回復させるためには、ニキビには保湿が一番なのです。