Pocket

一口にニキビといっても、日頃のスキンケアで症状を緩和することができるものから、病院受診が必要となるものまでさまざまな状態のものがあります。誰もが経験することのある、敷く小さな吹き出物のような白ニキビ、毛穴に皮脂が溜まり肌の表面に押し出されて黒く変色した黒ニキビ、白ニキビが炎症してできるピンク色の盛り上がった形をした赤ニキビなどは、比較的症状が軽いものであるため、自宅でのスキンケアで症状を緩和することができます。一方、膿疱ニキビや結節、結節がさらに進行して膿が袋状に溜まり、ひどい炎症や痛みを伴う膿疱などは、安易につぶしたりすると傷跡がずっと残ってしまったり、雑菌が入ることで悪化したりするため、病院での治療が必要となります。

思春期にできるものがニキビ、大人になったら吹き出物と昔はよく言われていましたが、現在では、思春期ニキビと大人ニキビに区別されることがあります。思春期ニキビは、10代にできるもので、ホルモンバランスの乱れによって皮脂分泌が過剰となることから、ニキビの原因となるアクネ菌が増殖してできるものです。一方、大人ニキビは、飲酒や喫煙、ストレスや生活の乱れなどから、ターンオーバーが乱れて古い細胞の層が残ったまま肌の層が厚くなり、毛穴が詰まることによってできるものです。ニキビの種類や自分の肌のタイプを良く知って、適切なケアをすることが大切なこととなります。